三津屋サイダー

このエントリーを含むはてなブックマーク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーを含むはてなブックマーク
と言われました。



そして、またまた新しいカテゴリが増えてしまいました。


上記の台詞を口にしたのはサヤマさん。
仕事で知り合った男の人です。

初めて会ったのが2ヶ月前。
仕事で一緒にある企画を行ったのと、親睦会として会社の上司達と何人かで集まって飲んだのが1ヶ月前。
そして「今度はKさん(私の上司)抜きで飲みに行こう」と言われたのが今回です。

ひょうひょうと言うかあっけらかんと言うか、
いまいち掴みどころのない人ですが、
ルックスがかなり好みだったので誘われた時は内心ガッツポーズ。
あまり自分からは積極的に
「この人と仲良くなりたい」
とか思わないタイプなのですがサヤマさんに関しては別でした。

お店の予約など色々としてもらって待ち合わせ。
ガラにもなくめっちゃくちゃ緊張して待ち合わせ場所に立つ私でした。
そして現れたサヤマさん。
やっぱり結構タイプだなぁ、この人。

お店では既にお料理のコースも用意してもらっていたので機嫌よくパクパク食べていたのですが、
結構ボリュームがあってお腹いっぱい。
しかも飲み放題。
「橘さんお酒強いじゃんね?いっぱい飲んだ方がいいよー」
と、私が女である事など構わず普通に煽ってきました。
そんな感じで割とたくさん飲みました。
3時間以上もお店に居座りましたし!
お会計を払おうとすると
「今日はオレがおごるから」
と制止されてしまいました。うーん!
彼氏でない人におごられるのは極力避けているのだけど、
素直に甘えるのも必要ですよね・・・多分。
その辺の押し際引き際がいまだによく分からないおごられ初心者です。

お店を出て駅まで歩いていると突然何の脈絡もなくサヤマさんが言いました。
「ねぇ今日橘さんち行っていい?」

おぉっと、いきなり来ましたか!
まさか今日とは思わなかったけど。
しかも超ストレート!

「あはは」と私が笑ってごまかすと、
「橘さんちここから一本で近いんでしょ。楽じゃん」
「サヤマさんちだって一本ですよ」
「いや俺んちの方が遠いよ」
「5分も変わらないですよ」

軽くあしらいながら歩き続けて、一応ちょこっと突っついてみます。

「来て何するんですか?」
「別に何もしないよ。すぐ寝ちゃうよ」
「そうですね。結構飲みましたからね」

そんな訳ないでしょ。
第一何もせずに寝るなんて私の方がムリです(笑)。

そんな事を言っているうちに駅に到着。
Suicaを取り出して改札の前に立った私に
「で?どうなの?」
とまっすぐ目を見て尋ねてくるサヤマさん。
うーん…カッコいい。
キスしたい。

「じゃー来ますか?」
「行く」
「即答ですね」
「うん」

実際のところ本当に二人とも酔っていたので、家に着くなりお風呂に入りました。
もろもろの支度を終えてベッドに入り、普通に隣同士に寝る私たち。

「眠いですか?」
「うん、ちょっとね。橘さんは?」
「ちょっと」
「そう」
「どうぞ、寝てくださって構わないですよ」
「…何で今日、俺のこと泊めてくれたの?」
「んー…もうちょっと一緒にいたかったからです」
「ふーん」
「ダメですか?」
「いやダメとかじゃないよ。でも橘さん彼氏いるからな」
「『でも』って何ですか?(笑)」
「…何だろうね?(笑)」

寝返りを打ちながら当たり前の事のように私に腕枕をするサヤマさん。
私は胸に顔を埋める。
沈黙。
サヤマさんが起き上がる。
私越しに手をテーブルに伸ばして、テーブルに置いた水を飲む。
また横になる。
腕枕。
と思ったら、今度は私の顔を覗き込むように少しだけ身体を起こして、
「あ、」
と私が小さく声を上げるのとほぼ同時に、キスをされました。
5秒くらいの短いキスの後、サヤマさんはまた姿勢を元に戻してしまいました。



長い沈黙。





「眠くなった?」
「んーん」
「眠くなくなっちゃったんだ(笑)」
「はい。…サヤマさんは?」
「オレ?オレはちょっと眠くなったよ」
「それさっきと変わってないです」
「あはは」

笑いながらまた少し頭を持ち上げてキスをするサヤマさん。
腕枕をしていない方の手が私の腰を抱き、
そのままTシャツの下にもぐり込んで、
手のひらで背中を支えるように感触を確かめてきます。
じかに肌に触れられただけで、私はもうこの上なく幸せな気持ちになれるんです。
Tシャツはあっという間に胸の上までめくり上げられて、指先と手のひらと手の甲で優しく丁寧に私の胸を愛撫します。
抑えなきゃ、と思ってもつい声が漏れてしまう私。
その手はすぐに下にも伸びて下着の上からゆっくりと力強く刺激を与えてきました。
心身ともにすっかりふにゃふにゃになってしまったところで、
とうとう下着も取り去られて…
いつも思う事なのですが私は本当に濡れやすいので最初に触られる時はすごく恥ずかしいです。
どれだけ欲求不満の痴女なんだよって思われそうで。
(実際そうだけど!)

敏感なところを人差し指でやわらかく優しくこすり始めるサヤマさん。
その部分をここまでソフトタッチで的確に攻められる人に初めて出会いました。
うわーこの人ルックスだけじゃない。
セックスまでクセになっちゃうよ。

めっちゃくちゃたっぷり攻められて、ちょっと休憩を挟んで今度は私が手で愛撫しました。
上にまたがるような姿勢で頑張っていて、ふと顔を上げて
「何考えてるんですか?」と聞くと、
「ん。橘さんてエロいなあって思って」
「エロいですか?どのヘンが?」
「何だろうねー」
なぜかこの台詞が私にとって妙なツボで、
「エロいね」と言われる事が私は好きだったんだなあ、と変に納得してしまいました。
何でだろう?
普通は嫌だよね?(笑)

しばらくするとまた彼が私の上になって、今後は両脚を思い切り持ち上げられました。
察知して「ダメ!」と抵抗しまくってみたものの、
力では敵う訳もなく簡単に制圧されて…
舐められてしまいました。
(舐められるのは本当に苦手なの!恥ずかしいから!)
ねっとり攻められている所へ指まで入れられて、
この同時攻めに相当弱い私は…結局いってしまいます。

仕返し(?)に今度は私が舐める番。
実は結構フェラチオには自信があります(笑)。
最初はあまり動かさず口に含んでゆっくりと上下させます。
「んんん…」と期待通りの色っぽい嬌声を出してくれるサヤマさん。
燃える私。
休み休みの静かな攻めから徐々に速さを出していくと、
「うわー…もう…ワケ分かんねぇや」とワケ分かんないコメントをされました。

そしてまた攻守交代。
私は早く入れて欲しかったのですが、サヤマさんが容赦なく舐めてくるのですよね。
また同時攻めをされていきそうになっちゃって、
「お願い、お願い、やめて」
と懇願したけど笑いながら「やだ」って言って舐め続ける。
セコいー。そういうSっぽい言動はほんと私の弱点なんですから!

ようやく解放してもらってはぁはぁ言ってるところへ
「ゴム着けていい?」
「もちろんいいですよ」
起き上がり鞄からゴムを取り出すサヤマさん。
「何で持ってるの!」と突っ込みを入れつつもゴムを着けてあげました。
そのまま横になり、「行くよ」とも「いい?」とも何も言わず挿入。
ちょっと大きめだったけど、私が濡れすぎているせいかするりと入ってしまいました。

セックスは期待通り最高でした。
力強く何度も突いてくれて色々な体位で楽しませてくれて。
私も上に乗った時はかなり頑張って動きましたよ。

最後バックでこれでもかってくらい思いきり突かれてサヤマさんもいくのかと思ったら、
どうやら飲みすぎたせいでいきにくくなってしまっている様子。
正常位に戻して動きながら
「もうだめ、(運動量が激しすぎて)死にそうだ」と言うので
「早くいってくんないと私が死んじゃいます」と返すと笑ってました。
そのまま向かい合って横になって、
横向きの状態でようやくサヤマさんがいきました。
(・・・私もいきました。)
ちなみに彼はこの横向きの体位を結構頻発してたけど、
今まで殆どした事のない体位でした。
こういうのって本当に人それぞれですよね。

お互い息切れしながら、酔いと激しい運動のせいで渇ききった喉を水で潤して眠りにつきました。
時刻、3時30分。
また寝不足だなぁ…と思いながら。


さあ、サヤマさんとはこの先どうなる事でしょうか。



最近ますますエロブログ化している「三津屋サイダー」です。応援お願いします。

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク
珍しく日記連投です。
引き続き、お盆休みのお話。

地元に帰省すると必ず顔を見に行く子がいます。
ご近所さんで幼馴染、かつ元教え子のコウ。

コウと私はそんなに歳が離れているわけではないけど、
コウが中学生の頃から私が就職活動で忙しくなるまでの間、家庭教師をしてました。
全然勉強のできない子で、相当手を焼いた思い出しかないなぁ(笑)。

家が近いせいもあって、私が地元を離れて東京に就職してからも
お盆とお正月には必ずコウの家に遊びに行ってご馳走になったりしていました。

そして今回は、コウのバイト後に二人で飲みに行きました。
いつもはコウの家にお邪魔するんだけど今回は珍しく外で飲み。
2時間ほど色々と話をして、いい気分で帰宅。
話の流れでコウの家にお邪魔する事になったけど、真夜中だったのでそーっと侵入。

散らかり放題の彼の部屋で、足の踏み場もないのでベッドの上に上がると、
「先生、マッサージしてあげますよ」
と言い出すコウ。
(コウは私の事を昔からの癖で「先生」と呼ぶのです)
これは何か怪しい雰囲気だぞ、と思いつつも、
まぁコウは年下だし大丈夫かなと軽い気持ちでお願いしました。


実はコウとは、過去に2回ほど怪しい雰囲気になった事がありまして。

一度はまだ彼が中学生の頃。
授業中に彼は悪ふざけを装って私に抱きつき、押し倒し、胸を触ってきました。
その時は私もパニクって、ヘタに本気で怒ったりして彼の受験や今後に影響するのが怖くて
「もう、何するの!」
と笑いながら怒ってみせる程度で何とかその場をしのぎました。

二度目は彼が大学に入った年の夏休み。
いつものように帰省した私が彼の部屋に遊びに行った時、雰囲気があやしくなり押し倒されました。
でもその時も、私にとってコウはあくまでも教え子であり年下のかわいい弟分であり、
決してそんな対象じゃなかったので、
何とか彼を押しとどめて終わらせました。

でもね、今回会ったコウは今までのコウとは違ってすっかり大人びてたんだな。
まだまだ世間知らずのうぶな男の子って感じだったのに、
彼女が出来たせいか妙に大人っぽくて、
体つきもますますしっかりしていて、
私の身体に思わず火が点いてしまったのです。

うつぶせになってマッサージしてもらっていた私ですが、
肩をもみほぐすコウの両手首を掴んで身体を引き寄せました。
そのまま私に覆いかぶさるコウ。
しばらくじっとした後でうつぶせから仰向けに体勢を変え長い間見つめ合っていると、
コウが私にキスをしました。

その後は・・・
誘った私も予想外の展開が待ち受けていました。



コウは結構なS属性だったみたいです(笑)。
(やっぱり私はSを引きつけるのかなぁ?)


キスの後ほとんど私に何の猶予も許さず、
あっという間に服をめくって胸を舐められて、
手が下の方へ行ったと思ったら
次の瞬間には何のためらいもなくショートパンツの隙間から直接触られていました。

そして、その時点で既に十分すぎるほど濡れている私・・・。
そこからコウの言葉攻めがスタートしました。

「先生すごい濡れてるよ」
「ここが気持ちいいの?」
「ここをこんな風にされるのがいいんでしょ?」
「すごいビクビクしてるよ」
「もしかしていっちゃったの?」
「もっと欲しいんでしょ?止めないよ?」

その辺のAV顔負けに次から次へと言葉で攻め立てるコウ。
何歳も年下のかつての教え子にこんな風にいじめられてる、
そのシチュエーションでもう私はめちゃくちゃ感じてしまいました。
テクニックの方はまだまだ初心者だったんだけど、とにかく激しかった。
うん、激しすぎます(笑)。
若いってスゴイ。

そして絶対親御さんにバレてるな、あれ・・・



終わった後、真っ暗な部屋の中でベッドに腰掛けながら色々な話をしました。

「ねぇ」
「何すか?」
「私がコウを教えてる頃から、私とエッチしたいと思ってた?」
「・・・あのですね」
「うん?」
「健全な男子高校生だったら普通、誰だってしたいと思いますよ?」
「・・・そりゃそうか(笑)」
「先生は何ていうか、憧れみたいな感じですから」
「私も・・・そうだなぁ、コウの事は、恋愛感情っていうんじゃなくてカワイイ弟って感じかな」
「そうですね。俺も先生の事は、お姉さんって言うか・・・」
「・・・って言うか?」
「いや、むしろ妹かな(笑)」
「何でだよ!」
「だって先生年上に見えないもん。背もちっこいし危なっかしいし(笑)」
「うるせーよ!」


そう、会う度に私の事をちっちゃい子のように扱うのですよね。
今まではそんなコウを私は幼く感じていたわけだけど、
もう彼の事を子ども扱いするのは可哀想かな。



ちなみにコウにも彼女がいます。
悪いことしちゃいました、彼女さんゴメンナサイ!


このエントリーを含むはてなブックマーク
日記のタイトルが80年代のアイドル歌謡曲みたいですね。

さぁて、お盆休みなので実家へ帰省してきました。
高校の友達で集まって飲み会をしたのですが、
元々昔の友人とあまり付き合いの深くない私は大体の子と会うのは去年のお盆休み以来。
そしてその中になかのがいました。
というか、なかのがその飲み会に私を誘ってくれたんですけれど。

なかのは、高校の時ふとしたきっかけで仲を深めた男の子。
当時から既に恋愛体質全開だった私は、なかのともすぐに深い関係になっちゃいました。
何度か彼の家に行って、親御さんにバレないかってドキドキしながら部屋でセックスしたっけ。
なかのは当時からタバコを吸っていて、私もちょっと吸わせてもらったりして。

でも二人は付き合っていた訳じゃなかった。
実際のところ私はちゃんと彼氏がいたわけではないんだけど、告白して返事待ち状態の別の人がいたのですよね。
そう、一応私は待つ側の立場だったのです。
その癖に、平気でなかのとセックスしちゃってたんです。
なかのは私のそんな事情は知らなかったと思います。

そして更に外道な事に、なかのとの関係が数ヶ月続いた頃私は同じ学年の別の男子に手を出したのです。
手出したって言ってもキスだけなんですけどね。
するとその話は瞬く間になかのの耳に入って、もちろん彼は激怒しました。

「お前には裏切られた。もう金輪際俺に関わらないでくれ」

そうきっぱりと言い渡された手紙を受け取って、私たちの関係は終わりました。


それから何年も経って大学生になってからは、なかのも時々私に連絡を取ってきたりしてくれて、昔の事なんてなかったかのように普通に接してくれるようになりました。
そして会う度に
「あの頃の俺は、マジで橘にめちゃくちゃ恋してたよ」
と力説してくれます。
あんな酷い仕打ちをしたのにそんな事を言われると
こちらとしては逆に「ごめんなさい」としか言えないんだけど、
「別に俺はお前が悪いとは思ってないよ。ただ俺がめちゃくちゃ好きだったってだけで、橘に対して恨むとかそういう気持ちは全然ないから」
と、ありがたくももったいない言葉をかけてくれるのです。
私自身はこんなろくでもない人間だけど、
なかのに対してはやっぱり真剣に好きになってくれたという事への感謝と同時に罪の意識が根付いているわけです。
今更悔やんでも仕方ないんですけどね。



さて回想がすっかり長くなってしまいましたが、
そんなこんなでなかのとも去年のお盆休み以来の再会。
飲み会の席は楽しく進み、しばらくして私のタバコが切れて
「ちょっと買いに行ってくる」
と言うと、
なかのが一緒に付いて行くと言い出しました。
一人でいいよ、と断るも、頑として言うことを聞かないなかの。
仕方なく一緒にコンビニへ。
道すがら、またまた力説を始める彼。

「俺、マジで橘の事好きだったんだよ。ほんと、100年に1度の恋だったからね」
「また大げさだな・・・」
「マジだってば!すげぇいい思い出だよ」
「ほんとに?」
「うん」
「・・・ごめんね」
「謝らなくていいよ。俺は幸せだったから」
「・・・ありがとう」
「・・・橘はかわいいなー相変わらず」
「いきなり何言ってんの(笑)」
「いやいやマジで。何でそんなにかわいいの?」
「バカじゃないの?(笑)ってちょっと!」

道を外れて暗がりへ私を引っ張り込むなかの。
ぎゅっと抱きすくめられて硬直していると、
長身のなかのが深く身体をかがめてキスをしてきました。

その行動に抵抗しきれなかった私。

ダメだなぁやっぱり…。


その後は、控えめに手を繋ぎながらお店まで戻りました。
お店の扉を開ける直前、少し私の方を振り返ったなかのの腕を引っ張って、今度は私からキスしました。

苦笑に近い照れ笑いを交わす二人(笑)。
二人とも恋人いるもんね。


16歳の頃の淡くてほろ苦くて甘い思い出と一緒に、今夜の記憶もこっそり心の奥にとどめておこうと思います。




ガラにもなくケータイ小説みたいな日記になってしまって、自分で自分が寒いです。

このエントリーを含むはてなブックマーク
だめだ、だめだ、だめだ!
ユッキーがただの浮気相手じゃなくなっています!
これは最早ただの二股です!

理由1.毎週2回、決まった曜日に必ず会っている。
理由2.毎日メールをしている。
理由3.少しでもスケジュールが空いたらお互い会おうとしている。
理由4.彼は私にぞっこん(笑)。

浮気を浮気として、ただの遊びとして割り切れなくなったらおしまいです。
この間なんて生理中なのに家に泊まりに来たんだもの…!!!

私の中ではまだ彼は、ただの浮気相手。
「もうひとつの世界」で「もう一人の自分」が人生を楽しむためのツールのひとつ。
の、はずなのに…

フットワークが軽く押しの強いユッキー。
「有希が望むことは何でもする」
と決めたが最後、私が「あ、コレ欲しいなぁ」と言ったものは次に会う時に必ずプレゼントしてくれるというすばやさです。
人から贈り物をもらう事に全く慣れていない私はただただ焦ってしまうのですが。
「新しいパソコン欲しいなぁ」と言うと
「じゃあ買おうか」
ブルーレーベルの服を続けて何回か着ているのを見て
「ブルーレーベル好きなの?店ごと買い取ってあげようか?」

いやいや、もちろん全部断ってますよ?
でもそんな大きな物はないけど、
もっと小額のものは断っても断っても強引に買ってきちゃうんです。

「お金なんかたいした事じゃない。有希が欲しいなら買えばいいじゃん」
などと言っちゃう。
私より年下なのに。
でもそれが彼にとっての素直な愛情表現なんだという事に今気付きつつあります。


私が彼の気持ちに応えられないこと、応える気がないことを彼は知っています。
私自身も自覚しています。
それでも彼と一緒にいる時間がどんどんどんどん甘く切ないものに変わっていきます。
これはもうゲームじゃない。既に、恋です。
だからやばいんです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。