FC2ブログ

三津屋サイダー

このエントリーを含むはてなブックマーク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーを含むはてなブックマーク
最近流行りの(と言ってもちょっと時流に乗り遅れた感がありますが)
ライフハックブロク的なタイトルで書いてみました。


先日コメントで

「橘さんは前「私は男の気を引くのがうまいだけで…」的な発言をしてましたが、何かこつでもあるのですか?」

と、質問を頂いていたのですが…。
私そんな傲慢な事を言ってたんですね(笑)。
何様だよ…。
恥ずかしいです…。

そのご質問に対する答えをまとめているとちょっと長文になったので
ひとつのエントリにまとめて述べてみることにしました。


【ランキング】これを読めばあなたもモテモテに!なれるかも!なれないかも!(笑)




男の子の気を引くために、女の子は具体的に何をすべきか?
私が重要だと考えるのはたった3つのことです。



-------

ぶっちゃけた話、
私は中学生以来恋人を作るのに困った事がありません。

でもそれは私が人より優れてるとか可愛いとか性格が良いとかそんな理由では決してなく、
ただひとつ
「どんな異性に対しても、最大限の興味をもって接する」
という習性(?)によるものだと思っています。


「どんな異性でも」というのはまさに文字通りで、
好みの異性はもちろんのこと、
年齢的に守備範囲外(20歳未満40歳以上)の異性、
タイプ的にアウトな(ファッションや趣味が合わない)異性、
倫理的に親しくなるには問題のある異性(会社の上司、既婚者、友達の彼氏etc.)、
とにかくあらゆる異性のことを「恋愛対象」として意識するんです。


「恋愛対象」として意識すると言っても、
例えば決して友達の彼氏を誘惑して一夜の過ちを誘おうという訳ではありません。(笑)

それじゃ、どういう事なのか。ひとつめはコレです。


■とにかく質問する。

対象は異性(男性)に、目的は恋愛に限定されてはいますが、
これは人間観察とほぼ同じ行為だと私は考えています。


私が異性と出会ってお話をする時まず探るのは、

「どんな家庭で育ったか」
「何が好きで、何に価値があると考えているか」
「何を大切にしていて、逆に何をどうでもいい事だと感じるのか」
「興味のある話題・分野は何か」
「何をされたら嬉しくて、何をされたら嫌か」

などといった、相手の基本的な人格に関する疑問です。

「好きな食べ物は何ですか?」
「どこのご出身ですか?」

といったごく普通の質問に始まり、

「仕事は好きですか?」
「学生時代はどんなクラブに入ってました?」
「どんな音楽が好きですか?」
「お父さん(/お母さん/きょうだいetc.)とは仲良しですか?」

と、プライベートにやや突っ込んだ質問、更には

「人生で一番嬉しかった(/悲しかった/驚いた/ムカついたetc.)事は何ですか?」
「ひとりの時間を大事にしたいタイプですか?」
「今一番欲しいもの(有形でも無形でも)は何ですか?」
「将来の究極の夢を教えてください」

と言った、抽象的でその人の価値観や思想に突っ込んだ質問までとにかく色々です。


そして、それらの質問から得られる回答はもちろんのことですが、
その語り方からもその人のパーソナリティを感じ取れるのが面白いんです。

じっくり考えながら丁寧に答えようとする人もいれば
うわべの答えで間に合わせる人もいたり
今までそんな事聞かれたことないや、と言って困惑してしまう人もいます。
茶化したりツッコミを交えたりしながら面白おかしいストーリーに仕立てる人もいますし
何でもかんでも自慢話に転換していく人もいます。
そういう、人それぞれの答え方がとても興味深いんです。

基本的に人は(特に男の人は)自分自身に興味を持たれる事を喜ぶので
嘘や誇張が混じっている場合もあるけれど
大抵こちらの質問には積極的に答えようとしてくれます。

あまり語りたがらない人も中にはいますが、それはそれで
「どうしてこの人は自分を語らないんだろう」
 ↓
「語りたがらないのか、或いはそもそも語れるものがないのか」
となり、その隠された本心を何とか引き出してみよう、という方向に興味が転移します。



あともうひとつ使えるのは「無知なフリ」です。
知っている事でも「よく知らないです」と言って相手に語らせるんです。
これは会話がもたない時なんかに(笑)とても有効に使える場面が時々あります。


------

さて、上掲した他に、
相手から発せられる様々なメタメッセージを読み取る事でも相手の人格を探る事ができると思います。


■相手の習性を観察する。

具体的には

・食事を食べるペース、お酒を飲むペースは彼にとってどのくらいが最適か
・支払いは全部任せて欲しいと思うタイプなのか、割り勘を申し出る子に好感を抱くタイプなのか
・話をじっくり聞いてくれる子と、自分から進んで話題を提供してくれる子、どちらを好むか
・最初から親しげにすべきか、奥ゆかしく距離を取って接するべきか

などを念頭に置きながら、
なるべく相手を自然に泳がせて(振舞わせて)みて、
彼が心地いいと思えるペースや段取り、空気感を探ります。

これはまさしく動物園の飼育員と同じだと思うんですね。
こちらからは干渉せず、観察対象を自然のまま振舞わせる。
相手がこちらにアクションを起こした時だけ上手く反応する。
そんな風にして対象の行動/思考パターンをリサーチするんです。

ただ、こういった内容はストレートに質問してしまうといやらしいですし
相手からも素直な答えが返ってこなかったりするので、
会話しながら、受け答えの仕方や表情、動きなどで推測していきます。

------

が、こちらから何もしなくても素直に感情や考えが露出しているような人はいいのですが
いまいち考えのつかめない人と言うのもいます。
(出会って間もない場合はなおさら)

なので、この「観察」を行う上で必要になってくるのが3つ目のポイントです。


■同調する。

とにかく何でも相手に「同調」します。
極論を言えばそれだけで相手は心を開いてくれます。

と言っても、別に自分を押し殺して相手に合わせると言う事ではなく
どちらかと言うと「相手を否定しない」という事がポイントになっています。

例えば、彼が自分の今後の人生について話しているとします。

「今みたいに組織の元で働いてるのってさ、面白くないんだよね。
やっぱり35歳くらいまでには独立起業して、
それなりに社会的な成功を収めたいと思ってるよ。
それで、リタイアしたら海外でのんびり暮らしたりしたいね」


こんな話を聞いたらあなたはどう思いますか?

1.すごーい!なんてカッコイイの!私も海外で暮らしたい!
2.いやいや、堅実に企業に勤めていこうよ。一般的でまともな暮らしが一番だよ。
3.…言ってる事は男前だけど、あんたそれほどの器持った男なの?


1.の子は何の問題もなく彼を賞賛できると思いますが
2.や3.の子は思わず苦笑いが顔に浮かんでしまうかも知れません。

私も浮かびます。

が、ここで「へぇ~」と曖昧な表情で相槌を打ったり「そんなのムリじゃない?」なんて水を差したりはしません。
かと言って思ってもいないのに「すごいね!」なんて言って褒めるのは嫌です。
でも、「同意」と「同調」は違います。
「同調」を念頭に置いた模範解答としては

「へぇ、そうなんですか!具体的にはどんな事をする予定なんですか?」

と、「語尾に「!」を付けながら」「とにかく質問で返す」のが基本です。
別に同意も賛成もしていないので嘘はついていません。
ここは笑顔も大切です(笑)。

弾むような声で「そうなんですか!」と言うことで相手に肯定感を与える事ができますし
突っ込んだ質問をすることで「この話に興味があるんだな」と思ってもらえます。
そうやって会話を繋げ、最後に聞く事がなくなったら
「なるほどー、面白いですね」(やっぱり同意や賛成はしません)
とニッコリして会話に区切りをつければOKです。

自分の意見はひとまず心の奥にしまいこんでおいて、
相手の価値観や意見に控えめに同調していくんです。

「控えめに」というのもわりと重要で、
あまり直接的に「すごーい!」とか「分かりますー!」などと言ってしまうと嘘っぽいので
そういうリアクションは本当に心から思える時に取っておきます。




--------------------


と、そんな感じで長々と書きましたが
何にしても、男性から興味を持ってもらうこれらの3つのポイントに共通しているのは一つ。

「この娘、俺に気があるな」と思わせることです。

他者に好意を持ってもらって嫌な気持ちになる人はあまりいません。
自分は「好かれている立場」に回っていると思ってもらうことで
相手にいい気分になってもらい、
「俺に好意持ってくれるなんていい子だなぁ」と思わせ、
結果的に相手もこちらに好意を持ってくれるという訳です。

もちろん、上で挙げた3つのポイントは上手く調節して使って、
やりすぎないように好意を見せることが重要です。

私の場合は
「相手が年上であればあるほど、これらのテクニックは控えめに使う」
「敬語を崩さない」
「ボディタッチはしない」
あたりを意識して、一線は引いているという姿勢は見せておきます。
あと、年上の方には私の小手先テクニックなんてすぐに見破られそうなので(笑)。



-------


その他細かいハックですが

・よく笑う
・自慢しない
・喋り過ぎない
・小さなことでもこまめにお礼を言う


なんかも意識しています。


-------


なんだか媚を売りまくっている感じがするかも知れないですが、
これって、男女入れ替えてみるとあまり違和感がないと思いませんか?
私だったら、男の人にこんな接し方をされたら嬉しいと思うんです。


恋愛対象じゃない相手にまでそんな事する必要あるのか?
という疑問もあるかと思うのですが、
自分の好みじゃない人に対してでも積極的に内面を見つめようとすることは、本当にいい人間観察になるものです。
全然タイプの違う男の人でも意外と同じようなことを考えていたりとか、
男の人の習性・傾向・嗜好・思考などが系統立って見えてくる気がします。
そういうデータを蓄積していくことが恋愛には必要なんじゃないでしょうか。
「傾向と対策」ですね。


--------


ただ、女の人に対しても同じような手法で接してみたものの、こちらは上手くいかないです。
女性対女性だと別のファクターが邪魔してしまうのかも知れません。
その辺はまだまだ要研究です。





って言うか、むしろ女性と上手く接する方法を学びたいです!
誰かいいアイデア提供してください!



と、大してオチもオチなかったところで今日はおしまいです。
読み返してみて、相変わらず偉そうなことばっかり言ってますが、ほんとすみません。

毎度の事ながら長文お付き合いありがとうございました!




ココをクリックすればあなたもすぐモテ!(嘘です。ただのランキングです。応援お願いします。)

スポンサーサイト

わ~~~この記事ずっと楽しみにしてましたー★★
あたしのコメントをきっかけにこんなに丁寧に解説してくれるなんて!!嬉しすぎます~!ありがとうございます!ヽ(・∀・)ノ゜+.゜

同意も賛成もせずに同調するっていうテクにはすごい驚きました!うんうん言ってるだけではダメなんですね笑
でも一番びっくりしたのは「ボディタッチはしない」ってとこです!
参考にさせてもらいます!!(●≧∇≦)ノ
橘さんのブログ大好きになっちゃったので、これからも楽しみにしてますね~♪

REI | URL | 2009-05-29(Fri)16:26 [編集]


お帰りなさい

しばらく更新がなかったので、有希さん、すっかり落ち着いて、定住民の世界へ行っちゃったのかなぁ…と思ってました。久々の記事、うれしく拝見しました。
しかも、こんなリッパな評論家になって…。これ、本にできますよ。たとえば、こんな感じ――。
『橘有希の
絶対はずさない恋愛法則』

~浮気人生10年!
「好き」になった人を一度も逃がさなかった実に簡単な理由

なんか、売れそうな気がしてきたなぁ。
ごめんなさい。なんか、仕事目線になってました。
とにかくうれしいのです。戻ってきてくださったことが…。

哲雄 | URL | 2009-05-29(Fri)17:20 [編集]


> REIさん
あ~そう言って頂けてよかったです!
「書き過ぎ!」ってドン引きされたらどうしようかと思っていました(笑)。
ボディタッチに関しては、もし私がスタイル抜群のセクシーガールだったらそういうテクニックも上手く使えていたかも知れないんですが、如何せん色気とは無縁なのでそういう攻め方は苦手なんですよ…。

ブログ応援して下さってありがとうございます。
そんな風に言って頂けると本当に励みになります!!今後も更新頑張っていきますのでよろしくです★

橘 | URL | 2009-06-01(Mon)10:05 [編集]


> 哲雄さん
私はネット依存っ子なのでそう簡単にリアル世界に落ち着きはしません!

本のタイトルまで(笑)ありがとうございます!
こんな青い内容ではとても本になんて出来ませんが、青いなりのエセ評論をこれからも懲りずに書き続けていこうと思います。
私はいつまでもココにいるつもりです。

橘 | URL | 2009-06-01(Mon)10:23 [編集]


コメント


管理者にだけ表示を許可する
   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。